絵画買取のご依頼はこちらへ http://galerie-h.com


by galerie-h

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年は伊藤若冲の生誕300年ということで、国内各地で大規模な展覧会が催されたり、テレビ番組で伊藤若冲の特集が組まれたりしています。このように今年は伊藤若冲にスポットがあたり、世間ではますますこの天才絵師への再評価や人気が高まっていることかと思います。

伊藤若冲の作品と言えば、様々な動植物を描いた最高傑作、『動植綵絵』が代表作といっても過言ではないほどによく知られています。伊藤若冲はするどい観察眼で対象物をとらえ、切れのあるたぐいまれない描写力で草花や鶏、魚介類などを描きました。当時最高品質の画材が使われたため、何百年も経った現在でも発色の美しさがうかがえます。

『動植綵絵』のような極彩色の伊藤若冲の作品は大変魅力的ですが、濃淡の墨を巧に使い分け描かれた作品もなかなか味わい深いものです。釈迦が入滅する場面を野菜を使って描いた『果蔬涅槃図』は、モノクロながら伊藤若冲の多彩な技法と表現力が遺憾なく発揮されています。釈迦になぞらえて二股の大根をごろんと横たえ、そのまわりにさまざまな野菜や果物が本当に悲しんでいるように描かれています。それにしてもなぜ野菜や果物が『涅槃図』に使われたのでしょう。これに関しては特にこうだという説はありませんが、伊藤若冲が京都の青物問屋の息子として生まれ、その商売をしていたことがどこかでこの『果蔬涅槃図』のインスピレーションとして影響したのかもしれません。

いずれにせよこの斬新なアイデアは天才絵師の柔軟な感性と自由な想像力のなせる技だったのでしょう。

伊藤若冲は『自分の価値がわかる人を千年でも待とう。』という言葉を遺しています。当時、狩野派といった主要な流派には属さず、遅咲きの独学で一匹狼のごとく画業の道を開拓し、独自の画法を確立した伊藤若冲の自分の絵に対する強い覚悟と信念を感じる言葉です。そして彼の言葉は千年も経たずして現在、天才絵師として広く評価されています。

優れた色彩感覚や描写力のみならず、画面上の対象の構成力とその独特のセンスの中に、『果蔬涅槃図』の作品にうかがえるような、ヒューマニズムに満ちた万物へのあたたかい視線が感じられるのも、伊藤若冲が時代を超えて多くの人々を魅了するひとつの由縁なのかもしれません。


絵画買取のお問い合わせはこちらへ

ギャラリーアッシュ内アート買取市場
〒650ー0003
神戸市中央区山本通3-15-13-2
TEL 078-200-5580
galerieh@aurora.ocn.ne.jp

e0122611_14460027.jpeg






[PR]
by galerie-h | 2016-09-27 14:49


サルバドール・ダリが永遠に愛した女性ガラと出会う以前に、ある女性のデッサンや肖像画を数多く描きました。その女性とはダリの妹、アナ・マリアでした。

マドリッドにある国立ソフィア王妃芸術センターに「窓辺の少女」という、ダリのシュルレアリスム以前の初期の油彩作品があります。この「窓辺の少女」のモデルが、ダリの妹のアナ・マリアでした。窓辺にもたれかかり、海を静かに、もの思いに眺めている一人の少女の後ろ姿が大変印象的な作品です。実際にこの作品を直に鑑賞して目をみはったのは、その作品のもつ繊細さと質感でした。まるで海の静かなさざめきさえ聞こえてきそうな描写、そしてカーテンのひだや少女の服のしわ、少女の髪の毛のうねりの線のひとつひとつまでが、とても繊細なタッチで細かく表現されています。まるで実物そのもの、いわば写真のようなただの写実的な作品というのではなく、現実的な光景でありながらどこかポエティックなところが流石というかダリの洒脱な魅力にあふれた作品に思います。この作品はかのピカソも高く評価したといいます。

それにしてもこの「窓辺の少女」、ダリは当時どのような思いでこの作品を描いたのでしょうか。そして描かれた妹のアナ・マリアはその時どのような心境だったのでしょう。ダリは母親を若くに亡くしてから、妹のアナ・マリアに母の面影を探していたようです。アナ・マリアは兄のためにモデルを務め、何時間も同じポーズをとるなど根気よくダリの絵画制作に協力しました。ダリの家は海辺の避暑地カダケスに夏の別荘を所有していました。ここには学生時代からのダリの友人であった詩人、ガルシア・ロルカが訪れました。性を超越してロルカはダリを心から愛していました。しかしながらダリはロルカの才能に敬愛してはいたものの、ロルカの気持ちに答える愛までもは持ちえていませんでした。そしてロルカに秘かに恋心を抱いていたのがダリの妹であり、「窓辺の少女」のモデル、アナ・マリアでした。そのような妹の気持ちに兄であるダリが気づいていたのか否かは定かではありませんが、ダリが妹の無言の後ろ姿からさまざまな感情を感じとり、「窓辺の少女」を制作したのではないかと想像することができます。もしくは、ダリ自身の様々な感情が、窓辺にたたずむ妹の後ろ姿に投影されていたのかもしれません。


e0122611_12212445.jpg

絵画買取のお問い合わせはこちらへ

ギャラリーアッシュ内アート買取市場
〒650ー0003
神戸市中央区山本通3-15-13-2
TEL 078-200-5580
galerieh@aurora.ocn.ne.jp


[PR]
by galerie-h | 2016-09-13 12:25

まだまだ暑い日が続いていても暦の上では処暑、暑さがすこしやわらぐころです。田に稲が実り、穂をたらし色づいてゆくころでもあります。豊穣な黄金色に染まる田んぼの光景に想いを馳せると、黄色という色彩は灼熱の光の色だけではなく、豊かな実りまでをも表現する非常に奥深い生命の色彩であるということに気づかされます。

黄色を非常に効果的に使った画家といえば、どのような人が思い浮かぶでしょう。又、黄色がとても印象に残る作品と言えば?日本に限らず、海外の画家の作品も含めると色々と名前や作品が浮かんでくる、という方もおられるかと思います。

黄色が非常に際立った作品というと、秋野不矩の日本画の黄色が何よりも鮮烈に私の脳裏に浮かんできます。彼女が50代以降、インドの大地の魔力に取り憑かれたかのごとく、精力的に制作した日本画の数々に使われた黄色はただただまばゆく、時に神々しく金色に近いような黄色もあり、力強い生命力を感じさせる色彩表現に見とれてしまいます。そして日本画だというのにどこか、からっとしているのも作品の魅力。それは題材の地が海外だからということではなく、おそらく秋野不矩の内面にある精神性のようなものが反映され、そのような結果になったように思われるのです。

彼女の作品の色彩の独自性について、詩人の大岡信は次のように絶賛しています。

秋野不矩の絵で最も印象的な色彩は、何といっても黄色であり、黄金色である。日本の画家で、これほど豊饒な黄色を、その多彩な変幻ぶりを見せてくれた画家は、私の乏しい見聞の範囲では、他に一人も思いつかない。」

又、作家の司馬遼太郎は秋野不矩について次のようなことばを残しています。

「いきものがもつよごれを、心の目のフィルターでこしにこし、ようやく得られた、ひとしずくが、美的に展開される、それが日本画である。その不易の旗手が秋野不矩である。」

秋野不矩の描いたものは、人物はもちろんのこと、風景や建物や動物もどこかあたたかい印象をうけます。そしてそこには、そこはかとなく生命の尊さまでも感じられます。秋野不矩は菩薩のような視点をもっていたのではないでしょうか。

「インドで死んでも、探さないでちょうだい。それが、本望なんだから」

                            秋野不矩


絵画買取のお問い合わせはこちらへ
ギャラリーアッシュ内アート買取市場
〒650ー0003
神戸市中央区山本通3-15-13-2
TEL 078-200-5580
galerieh@aurora.ocn.ne.jp

e0122611_11322580.jpeg


[PR]
by galerie-h | 2016-09-02 11:37