絵画買取のご依頼はこちらへ http://galerie-h.com


by galerie-h

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ラテンアメリカの芸術家というと私達には少し馴染みが薄いかもしれません。中南米はノーベル文学賞受賞作家が多い国ですので、ラテンアメリカの文学に関係した作家の名前ならば頭に浮かぶというかたがいらっしゃるかもしれません。しかしながらラテンアメリカが輩出した人物は文学のみの分野には留まらず、芸術の分野でも素晴らしい作品をつくりあげた作家達が何人もいます。

ここではコロンビアの芸術家、フェルナンド・ボテロについて少しご紹介したいと思います。フェルナンド・ボテロは現在も活躍している芸術家で齢は80歳を過ぎています。その長い芸術人生の中で彼は世界の様々な場所にアトリエをかまえてきました。イタリアはピエトロサンタ、フランスのパリ、モナコ、そしてアメリカはニューヨークといったところに居住し、それらの場所で芸術を吸収してゆきました。例えばパリにいたころは、日々ルーブル美術館で一日の大半を過ごし、そこにある作品を学んでゆきました。また、イタリアのフィレンッエに暮らしていた時はルネッサンスの巨匠達の作品をじっくりと勉強しました。そういった経験とコロンビア生まれの彼のスピリットが融合したことによって、フェルナンド・ボテロ独自のスタイルが確立されていったのでしょう。

ここで肝心の彼の作品について言及しましょう。フェルナンド・ボテロの作品は一度見ると忘れられないほど印象的です。本人の名前に由来した「ボテリスム」ともいわれる特徴がどの作品にも見られます。それが絵画であれ、彫刻であれその「ボテリスム」ともいわれる特徴は揺るぎません。それは何かというと人間や動物といった対象物すべてが大きく、ぽってりと誇張されたボリュームをもっているということです。そう、フェルナンド・ボテロの作品は誇張されたふくよかな体型がその特徴のひとつです。それに関しては様々な憶測があり、事物や状況を風刺するために誇張されたボリュームで表現されているのだとも言われますが実際のところフェルナンド・ボテロ自身はそのような意図ははっきりと持っていないようです。それは彼の内からでてくるもの、もしかすると彼が幼い頃に通った教会のバロック様式に影響をうけたためなのかもしれませんし、もしくはコロンビアのどっしりとしたインディヘナの姿が「ボテリスム」として投影されているのかもしれません。いずれにせよ鑑賞するものに様々な想像を与えてくれるフェルナンド・ボテロの作品は本当におおらかで豊かなものです。

「芸術家は理由など知らずにある形にひきつけられる。理屈を付けて正統化するのは後からすることだ。」            フェルナンド・ボテロ
e0122611_15323144.jpg

絵画買取のお問い合わせはこちらへ
ギャラリーアッシュ内アート買取市場
〒650ー0003
神戸市中央区山本通3-15-13-2
TEL 078-200-5580
galerieh@aurora.ocn.ne.jp
[PR]
by galerie-h | 2016-03-31 15:36

ピカソの書簡

先月、バルセロナにあるピカソ美術館で「ピカソとラベントス」というタイトルの展示会が催されました。この展示会では、ピカソとバルセロナのラベントス家との間の友情に焦点があてられました。ピカソは青の時代ともいえるその青春時代にバルセロナでラベントス兄弟と出会います。ラベントス家はバルセロナのいわゆる上流階級のインテリ層でした。それからピカソはラベントス兄弟と密に交流をはぐくんでいきました。その交流はラベントス兄弟の息子にまでおよび、ピカソが死ぬまでのおよそ約一世紀もの間、ピカソとラベントス家の交流関係が続くのです。
この展示会で注目を集めた物はピカソがラベントス兄弟宛に書いた書簡の数々でした。ピカソがバルセロナからパリへ渡った後の彼の孤独な心情がつづられた文章、かとおもいきや、とあるバルで美しい女性を見たことの報告とその女性のスケッチを手紙につづったりと当時のピカソのパリでのボヘミアンな日常生活を垣間みる事ができる貴重な資料とも言える書簡がこの展覧会で展示されたのです。流石ピカソ、書簡の端々に粋な素描がちりばめられていたり、ときには手紙の全面積に美しい絵が描かれていたりと手紙といえどもさながら小品を見るよう。

考えてみれば、たいへんパーソナルな書簡が自分の死後に公に公表されることなど芸術家達は生前考えもしなかったことでしょう。それでもピカソに限らず古今東西の偉大な芸術家達の手紙の中には、ほとんどといっていいほど彼らのクリエィティブな才能とその個性が垣間みられて興味深いものです。そんな中でも、やはり巨匠ピカソの手書きの書簡は注目に値するものでしょう。

現代の電子メールの時代にもしピカソが生きていたとしたら、私達は彼の貴重な手書きの書簡を見ることはなかったのでしょうか。これはあくまでも私的な想像ではありますが、彼が例え現在のような時代に生きていたとしても、やはり自分でクリエィティブに描いた素描などを寄せた手書きの手紙をしたためることを好んだのではないかと思うのです。
ところでピカソ、コンピューターについて次のように言っています。
「コンピューターなんて役に立たない。だって答えをだすだけなんだから。」
e0122611_13542443.jpg

絵画買取のお問い合わせはこちらへ
ギャラリーアッシュ内アート買取市場
〒650ー0003
神戸市中央区山本通3-15-13-2
TEL 078-200-5580
galerieh@aurora.ocn.ne.jp
[PR]
by galerie-h | 2016-03-25 13:55
アメリカのポップ・アート界を代表するアーティスト、ロイ・リキテンスタイン。彼の代表作と言えば、アメリカン・コミックのコマを拡大したような作品が広くしられています。太い輪郭線で囲まれた事物や人物、色彩は主に赤、黄、青の三原色でベタ塗りされ、陰影はドットの大小や密度で表現されているところが彼の作品の特徴として挙げられます。漫画の平面性を強調した画面はロイ・リキテンスタイン独特のスタイルであり、それは私達の視覚に鮮烈なイメージを残します。ゆえに彼の作品は世界中で広く知られているところなのでしょう。

晩年、ロイ・リキテンスタインは絵画だけでなく立体作品にも取り組みました。
バルセロナでは美術館ではなく街の中心にあるウォーターフロントエリアでロイ・リキテンスタインの立体作品を鑑賞する事が出来ます。
1992年にバルセロナ・オリンピックのモニュメントとして制作された作品「バルセロナ・ヘッド」は、ロイ・リキテンスタインが初めて屋外で手がけた立体作品です。この作品、高さは約15メートルあり地中海の真っ青な空の下にリキテンスタイン独特のビビッドな色彩がとても映えたモニュメントとなっています。遠目からこの作品を眺めると一瞬、抽象作品かなと思われますが近づいてよく見てみると女性の顔らしきものが描かれていることがわかります。この作品には赤、青、黄色といった三原色の色使いに加え、陰影をつけるためのドット、絵の具を分厚く塗ったかのようなブラッシュ・ストロークといった彼独特の特徴が伺えます。これらの特徴だけでも充分に目を引く作品ではありますが、ロイ・リキテンスタインはそこにバルセロナのエッセンスを加えました。作品にモザイク模様が入ったセラミックタイルが使用されたのです。モザイク模様が強調されたセラミックタイルはバルセロナを代表する芸術家アントニオ•ガウディが好んで使用したものでありカタルーニャのモデル二スモを代表する物です。そのようなバルセロナと関係の深いモザイク模様のタイルを自分の作品に加えたところにロイ・リキテンスタインのバルセロナの街に対するオマージュが感じ取れます。

ロイ・リキテンスタインは生前、アートと自分との関係性について次のような言葉を残しています。

「僕は僕のアートが全く僕には関係ないかのようなふりをするのが好きなんだ。」
ポップ・アートのアーティストらしいドライな言葉ですがよく考えると色々な解釈ができる興味深い一言ではないでしょうか。

絵画買取のお問い合わせはこちらへ
ギャラリーアッシュ内アート買取市場
〒650ー0003
神戸市中央区山本通3-15-13-2
TEL 078-200-5580
galerieh@aurora.ocn.ne.jp
e0122611_1231042.jpg

[PR]
by galerie-h | 2016-03-04 12:03