絵画買取のご依頼はこちらへ http://galerie-h.com


by galerie-h

ミュシャのポスター

先日バルセロナで、ある個人が所有しているポスターのコレクションの展覧会に行きました。展示されていた作品はどれもアール・ヌーヴォー時代のもので、主にその時代のスペインの広告ポスターが展示されていました。そして、スペインのお隣の国、フランスのポスターも何点か展示されていたのですが、その中でもやはり目を惹いたのがアルフォンス・ミュシャのポスターでした。

ミュシャといえば美しい女性像とその卓越した繊細で優美なデザイン性とタッチが大きな特徴です。今回展覧会で目にしたミュシャのポスターはJOB社のための広告ポスターでした。JOB社は煙草用の巻紙を製造する会社でした。JOB社の広告ポスターのために、ミュシャは画面いっぱいに女性を配置し、迫力ある構図を創りました。躍動感のある渦巻いた長い髪の毛は、まるで煙草の煙が燻る様子を私達に連想させます。そして赤い大きなヘア・アクセサリーが画面の中で美しいアクセントとなっていますが、それは煙草の巻き紙とJOBの社名をひきたたせているかのようです。このポスターには全体的にアール・ヌーヴォーの特徴が見受けられ、どこか退廃的な空気が漂っています。それにしてもミュシャの描く女性は、煙草をもっていても擦れっ枯らしな印象など微塵もなく、まるで煙草のミューズのごとき品性が感じられるのは流石です。

ところで、このミュシャのポスターの中で女性が煙草を持っている手のしぐさが日本の浮世絵の美人画の手の所作と共通するものがあるともいわれています。アール・ヌーヴォーの時代にヨーロッパではジャポニスム、日本美術の影響を受けていますので、ミュシャが浮世絵を意識したかどうかはわかりませんが作品に浮世絵の影響が見られるのは何ら不思議ではありません。

ミュシャはポスターを単なる広告から芸術の域に高めました。そしてミュシャがポスターの中に描いたものは百年以上の時を経た現在でも、決して古びて見えることはなく、デザイン力とその完成度の高さには目を見張るばかりです。
迅速さや利便性からか、昨今の広告ポスターはどれもパソコンで描かれたものがほとんどです。それらの中には発想の素晴らしいものもあり、今の時代に大変そぐうものかもしれませんが、ミュシャのような広告が印刷されていた時代の方がどこか豊かな気がするのはあまりにも懐古主義でしょうか。

絵画買取のお問い合わせはこちらへ
ギャラリーアッシュ内アート買取市場
〒650ー0003
神戸市中央区山本通3-15-13-2
TEL 078-200-5580
galerieh@aurora.ocn.ne.jp
e0122611_11511836.jpg
e0122611_11533232.jpg

[PR]
by galerie-h | 2016-08-29 11:54